段取りよく店舗をオープンさせるための秘訣【bgmで印象作る】

[PR]

やさしい手の特徴や口コミを紹介中!
介護事業をはじめたいなら必見! カフェの開業に必要な知識を勉強しよう
専任講師が丁寧に指導してくれる

店舗開業の段取りを整理

店内

店舗を開業するときに最低限考えておきたいこと

店舗開業までに必要な下準備として、
・店舗のコンセプトを固めておく
・物件探しをする
・開業後の事業計画を考える
・物件の工事や人件費など、必要な資金の調達
・営業に必要な諸届出の手続き
・メニューやマニュアルの開発
このようなものがあります。実際はもっと掘り下げて考えなければいけないので、開業までには最短でも半年以上はかかるものと考えましょう。

素敵な店舗をオープンさせたい

店舗開業をしたいと考えたときに、自分が理想とするイメージに近い店舗をまわって下調べをする人もいるのではないでしょうか。内装やメニューに目が行きがちですが、実は店舗内に流れているbgmにも注目しておきたいところ。視覚や聴覚といった五感をフル活用して、リピーターが増えるような素敵なお店をオープンさせましょう。

店舗イメージに直結するbgm

クラシックやPOPミュージックなど、店舗内で流れているbgmはお店そのもののイメージに繋がります。内装とbgmがマッチしていないと雰囲気は出せませんし、来店客が不快に感じないよう配慮することが大切です。同じ曲ばかり流したりせず、温室や音量にも適したものにしましょう。また、スピーカーの位置も重要なポイントとなります。
店舗やターゲット層に合ったbgm選びは重要ですが、そもそもお店のコンセプトが固まっていないとそのbgmも決めることが難しくなってしまいます。店舗開業のための最初の計画がとても大事なのは、こういった後々の作業に大きく関わってくるためでもあります。お店のコンセプトがしっかりしているなら、そのコンセプトの中で飽きないbgm選びを行うことができるでしょう。bgmに関しては、自分で選ぶことも可能ですが、所有しているプレイリストの中でずっと回していくのは飽きますし、準備も大変です。専門の業者であれば幅広い選曲ができますし、編集のアプリも充実しています。アルバイトの人でも簡単に操作できるものの方がストレスなく使い続けられるので、店舗にbgmのシステムを導入する場合は色んな業者のものを検討するようにしましょう。

店舗でbgmを流す時の注意点

店舗内でbgmを流すときに気を付けたいのが「著作権」です。自分で購入した楽曲を許可なく店舗内で勝手に流すと法律に違反してしまいます。流したいbgmを見つけたら、著作権料をしっかりと支払いましょう。店舗開業での意外な落とし穴でもあるので要注意です。

店舗内bgmに絡む著作権について知ろう

そもそも「著作権」って何?

作品を作った人を「著作者」、著作者によって作られた作品を「著作物」、その著作物に発生するものが「著作権」です。著作者の権利を守りつつ、多くの人々が利用するときに公正を期すためにあります。ちなみに著作権は著作物が完成した時点で発生します。

著作権料はどこに支払う?

著作権料は、楽曲の著作権を管理している事業者(JASRACなど)へ支払います。自分で購入・ダウンロードした楽曲をそのまま使用する場合はJASRACへ直接支払いますが、店舗用bgmを提供している会社を利用する場合は、契約料に著作権料が含まれているケースが大半です。

著作権を支払わなくていい場合もあるの?

著作権フリーの音楽素材を提供しているサイト内の楽曲を利用すれば、著作権料は基本的にかかりません。ただし、利用するにあたっての規則や禁止事項はしっかりと熟読する必要があります。また、テレビを設置して放送することも著作権料は発生しませんが、録画したものを流すと著作権侵害となるので注意しましょう。

[PR]

広告募集中